葉酸とは

葉酸って女性には必須なんですね

葉酸とはビタミン類の仲間として分類され、ビタミンMというのが葉酸にあたります。ビタミンMと呼ばずに葉酸と言われているかというと、1948年にほうれん草の葉からこの栄養素が見つかったため、それから葉酸(ラテン語でほうれん草)という名がつけられたというわけなのです。

 

葉酸が不足すると、貧血を起こしやすくなることがわかっています。

 

 

また、葉酸は循環器疾患を始めとする生活習慣病に役立つ成分として注目を集めるようになりました。その他にもうつ病患者に有効的であることもわかってきました。

 

このように葉酸は大切な働きをする成分ですので女性は特に不足しないように心がけたいですね。
また、一般の人より妊婦は葉酸の量がかなり必要となりますので不足しないようにしていきたいですね

 

 

特に妊婦さんには大事な成分

この葉酸は妊娠中の女性の必要な栄養素として母子手帳にも記載されています。

 

母子手帳には、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のためにと題して葉酸が妊婦に必要な栄養素であることが書かれています。
特に妊娠初期の段階で葉酸が足りないと、赤ちゃんの脳やせき髄の元のなる神経管が上手く形成されず障害児として産まれるリスクが高まるというものです。

 

重い障害を背負って産まれるリスクを低減させるためにも、妊娠を望む女性は葉酸を1日400μg摂取すると良いと言われています。この葉酸ですが摂り過ぎた場合は排出されるので安心です。

 

アメリカでは食物から400μg摂取するのは難しいとして、サプリメントを推進していると言います。ちなみにホウレンソウから400μg摂るには7束食べる必要があります。

 

妊婦におすすめの葉酸サプリ


このページの先頭へ戻る