妊婦 葉酸 サプリ 

葉酸の効果的な摂り方

妊娠初期はお腹の中にいる赤ちゃんにも栄養を与えないと育たないので、普段以上に健康や食事の摂取にも気を使います。とくに葉酸は普段の食事にも摂取することが必要ですが、妊娠初期は赤ちゃんの体作りにも必要な栄養分とされていますので、成人の大人の目安よりもやや多くの摂取量が望ましいです。葉酸は緑黄色野菜やレバーやうなぎなどの食材に含まれていますので普段の食事でも取り入れやすいですが、それでも妊娠初期は他の栄養分も満遍なく摂取してほしいとされています。一番効果的な摂取方法としては、普段の食事で賄うことができるのが理想的とされていますが、体質によってつわりが酷く食事するのも難しいと思ってしまうことがありますし、もともと貧血気味の人も食事だけで補うには2人分の栄養を摂取しなければならないので日によっては限界が出てきます。なので最近では葉酸のサプリメントも販売されていますので、今日の食事では葉酸が不足するな感じた時やつわりあって食事することが難しい場合でも、サプリを飲むことで不足している葉酸を補うこともできます。いつもは普段食べている食事に気を使ってしまいことが多くても、妊娠初期はお腹にいる赤ちゃんも栄養を摂取しますので、基本的な体作りには必要な栄養分だからこそ不足しないことを意識しましょう。

妊娠後期に補いたい成分

妊娠後期に入りますとお腹が大きくなってきますので、お腹の赤ちゃんがすくすくと大きくなっている証拠でもありますが、お腹が大きくなっている分だけ動きにくくなってきますので、料理をするのも大変になってきます。ただ妊娠後期に入ってきますと出産まであと少しの状態になりながらも、この時期は濃い味付けの料理は高血圧の予防や妊娠糖尿病の予防にもなりますので、甘いものの摂取は控えて薄い味付けにしながらも栄養のある食事の摂取が望ましいですね。妊娠初期から葉酸の摂取は必要とされていますが、後期に入っても赤ちゃんの成長はしていますので引き続き目安ぐらいの分量の摂取はして欲しいですし、他の栄養分も満遍なく摂取することがベストです。体質によってつわりが治まり、お腹の中の赤ちゃんの分まで多く食べてしまったりすることがありますが、体重の増加は健康管理としてあまりよくはなく、理想は妊娠前の体重プラス7〜8キロまでとされております。しかし逆に減ってしまったり、体重の増加が少ないとお腹の中の赤ちゃんの成長にも影響が出てくることにもなりますので、妊娠したからといって太らないようにしようと考えないで子供の成長を第一に考えましょう。

 

妊婦におすすめの葉酸サプリ


このページの先頭へ戻る