葉酸 フルーツ

葉酸を多く含むフルーツ

葉酸が含んでいる食材といえば緑黄色野菜やレバーといった食べ物が思いつきますが、よく調べてみますと他の食材にも葉酸が含まれており、料理方法によってはもともと含まれていた葉酸の成分が減ってしまうこともあります。また中には苦手な食材もありますので、野菜が苦手な人は葉酸が含まれているフルーツを摂取してみましょう。葉酸が含まれているフルーツはオレンジやみかんやはっさく、柿やバナナなど自宅から近くのスーパーやコンビニでも購入しやすい果物に含まれています。確かに緑黄色野菜やレバーと比べますと数値的には低いですが、栄養のバランスを考えながら食事をするにはフルーツを取り入れるのは適していますし、とくにみかんやオレンジは昔から妊婦にとって摂取しやすい食材の1つに含まれています。そして食事だけでは不十分だと感じてもフルーツでしたら食べることができますし、サプリで補うことに抵抗があってもフルーツなら少しはカバーすることもできます。つわりが酷い時やたまには甘い食べ物を食べたい時でも食べられることもできますし、葉酸が含まれていますので何も食べないよりかはお腹の中の赤ちゃんにも栄養が届いて成長の手助けにもなりますよ。

妊娠初期に必要な成分

妊娠初期は体調にもとくに変化がなく、妊娠しているといってもピンときていない人もいますが、お腹の中には赤ちゃんが生きており母親が摂取した栄養素を吸収して大きくなりますので、普段食べる食事にも味付けや食材にも気を付けて欲しいところです。そういうことから妊娠初期は葉酸の成分が必要とされていて、血液中の赤血球を合成やアミノ酸の合成またはたんぱく質の促進作用や皮膚や口内粘膜の働きを強くするなど、体内で他のビタミン群と一緒に働きながらも円滑に進めるように促していますので、体を作る上では必要な栄養です。この時期は普段食べている食事の栄養を赤ちゃんと分けていますので、場合によっては成分が不足していることもあります。葉酸の場合もお腹にいる赤ちゃんの体作りにも必要な栄養分であり、不足しますと神経障害も起こってしまう可能性がでてきます。少し前は医師や助産師により葉酸の摂取を推奨していましたが、1日の目安以上に過剰に摂取をするのはよくないとされていることから、目安の数字くらいが望ましいとされています。ただ不足しているなと感じますと赤ちゃんにとってもよくないので、普段の食事では不十分だと感じましたら市販のサプリも一緒に摂取して下さい。

 

妊婦におすすめの葉酸サプリ


このページの先頭へ戻る