リフトアップによるタルミ取り

リフトアップによるタルミ取りをする人がふえています。タルミが多いと、老けた印象になります。顔のタルミによって、ほうれい線が太くなったり、口元が下向きになったりします。顔の皮膚が結構垂れてからでなければ、タルミとして認識されることはないようです。タルミ自体がさほどではない場合は、レーザーや美容注射でのタルミ治療が有効な対抗策になるといいます。症状が進んでしまった状態では効果はほとんど期待出来ないのが実情です。リフトアップは、レーザーや注射では十分な効果が期待できないほど皮膚が垂れている場合に、タルミ対策として行われます。リフトアップには、糸を皮膚に通す施術やメスを使った施術方法があります。金の糸、フェザーリフト、ヴィーナスリフトと呼ばれる施術方法があります。この方法では、出っぱりのある糸で皮膚を引き上げることによって、重力に引かれてたるんでいる皮膚を上に持ち上げるというやり方をします。皮膚を切らずに、糸だけで持ち上げることが可能です。日帰りで美容施術が受けられることや、術日にシャワーなども使えることなどが、軽い気持ちで利用できる理由の一つです。化粧の制限も翌日からはなくなりますし、生活リズムを変えることなくいつもと変わらない日常を送ることができることもいい点です。メスを使わない為、肌表面に傷が残る事はほとんどなく、局部麻酔をしますので痛いと言う事もありません。軽い気持ちでできる美容整形なので、敷居の高さを感じずにやっていくことが可能です。美容施術用の溶ける糸とは、一年ほどで体内に吸収されますので、異物として残る心配はありません。しかし、糸の周辺ではコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になる為、糸が溶けた後でもしばらくはタルミ取りの効果を期待することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です