カロリーコントロールに役立つダイエット中のランチ

低カロリーの食事をしてダイエットをしたいと思っていても、日中は会社や学校に行っており、お昼は外で食べるという人もいます。昼食で食べるものをあらかじめ弁当にして持っていくことが、最もダイエットに向いています。カロリーを抑えた栄養バランスの良いお弁当を作りましょう。まず、ご飯やパンなど主食の量を決めておき、副菜は魚料理や玉子料理などにしましょう。野菜を多めにつくりましょう。冷凍の揚げ物などはなるべく避けましょう。前の日に下準備をしておいたり、夕飯の残りをリメイクするなどすれば、毎日の弁当づくりもやっていくことが可能です。弁当を作る時間がないという人は、市販の弁当に野菜をつけ加えるなどの工夫が役に立ちます。おひたしや酢の物、サラダだけつくっていき、お弁当に加えることによって、ビタミンやミネラルも確保できるお弁当にすることができるのではないでしょうか。家からサラダだけ持っていくという方法もあります。最近は市販のお弁当にもカロリーがきちんと表示されているようです。ダイエット時に弁当の選択をする時は、飲み物も入れて全部で500kcal程度になるように調節しましょう。揚げ物が少なく、野菜が多いものを選ぶとカロリーを抑えることができます。1日にどのくらいの摂取カロリーに留めるかは、ダイエット中は重要な問題です。お昼ご飯から得られるカロリーの量にも気を配りましょう。HMBとクレアチン配合女性用サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です