幼児に起こる成長痛とは?

成長痛といえば、急激に身長が伸びたりして膝とかが痛くなる事を想像する方が
多いと思われますが、幼児の成長痛は原因がちょっと違う所にもあるようです。

とは言え、はっきりした原因はまだ分かっておりませんが、2つの説があるようです。

1つは遊び過ぎによる過労
体が成長途中で未熟なため、活発に動き過ぎると疲れが限界を超え、
痛みとして出てくるようです。

2つ目は精神的なもので、甘えたいのに!かまってもらいたいのに!
という気持ちを我慢していたりする子はその不満や不安から痛みがでる事もあるようです。
神経質だったり、甘えが強い子だったり、下の子が生まれたばかりだったり等の
特徴を持った子供に多く見られるようです。

そんな場合は、さすってあげたり痛い痛いの飛んでけ~というだけで治ってしまうのも
幼児の成長痛の特徴のようです。

成長痛は、時間とともに治るものなので放っておいても大丈夫そうです。
ですが、翌日になっても痛がっていたりびっこを引いてるなどいつもと違うようなら、
骨などの異状かも知れませんので病院で見てもらった方がいいでしょう。

幼児の成長痛は、痛がってる時に優しくしさすってあげるのも大事ですが
普段の生活でもたくさん遊んであげたりしっかり向き合うことで改善されるようです。子供の勉強の教え方は難しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です